2021年度中学校英語に新しく加わった文法③接続詞thatのいろいろ 



 

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です!





前回までに今年度から増える中学校の文法のその1

感嘆文 感嘆文って何?

さらにその2として中2で増える現在完了進行形 

現在完了進行形って何?


と触れてきました。



今回は中3の新文法でもあり

今年度から中学校に増える文法の3つ目で

接続詞thatを取り上げます。


<接続詞、節とは?>


句と節


句とは in Japan のように、2語以上のかたまりが文中で、

1つの品詞の役を担い、そのかたまりのなかに主語+述語動詞が

含まれていないものです


一方、節とは when I played baseball のように主語と述語が含まれた

かたまりをさします。

どこを修飾(説明)するかとか役割によって

名詞句とか形容詞句とか副詞句とか名詞節、副詞節、形容詞節などと

呼ばれます


今回は接続詞thatが含まれた節になります


この場合「名詞節」を形成します。


接続詞とは単純に文と文をつなぐ役割です

国語で「しかし」「そして」「だから」 とかを選んで穴埋めするやつです!


今回は接続詞that で「~なので」「~して」とか「~ということを」

のような意味を成すものです。


<中3、1学期で習うthat節>


主語+be動詞+形容詞+that節


I'm afraid that~ 

I'm sure that~

I'm surprised that~

I'm glad that~


という感じで

thatのあとは主語+動詞で節を形成しています

上の4つは


~ということを心配する

きっと~と思います

~して(~ということに)驚く

~して(~ということに)うれしく思う


と訳します


☆ちなみにthatは省略可で、消えていることが結構あります。

旧課程で中2あたりで

I think (that) the book is interesting. 

のような接続詞that をやっています

今回のはその前に主語+be動詞+形容詞 のパターンです



主語+動詞(tellやshow)+人など+that節


こちらは中3でならう、「ask/want/tell +人+to動詞の原形」という不定詞

に似ていて不定詞のところにthat節を入れています


He told me that his mother was sick.

彼は私に(彼の)母親が病気だと言っていました



☆toldはtellの過去形で(不規則動詞)になります。


こんな感じに

人に「that以下」であることを言う  という感じです


同じくshow でも


I will show you that I can play baseball.  

私が野球をすることができることをあなたに見せましょう


という形で表現できます。


☆これらのthatも省略が可能です。



最後に


節と句そして接続詞thatはとても大事なもので

高校に上がっても頻繁に出てきます。

日本語に訳すときの文の切れ目、まとまりを探すのに有効な

目印になります。


以前記事に上げた 品詞 が絡むのが句や節でもあるので、

品詞とともに学習して自分のものにしましょう



新中3・新高3 そして小学生のゆるやか中学受験を希望する方も

お問い合わせお待ちしています。

もちろん他の学年も受付中です(新中1の数英先どり授業もOK)


 


新年度新入会生受付中!! 

新中3生、新高3生はスタートダッシュが大事。

もちろん理科だけ上げたい、英語の長文だけなどもOKです。

他塾からの転塾もご相談に乗ります。


お問い合わせはお早めに

料金表はこちらのページから


無料受験・進路・勉強相談 受付中! 「緩やか中学受験」「都立入試」「大学受験」に精通した個別指導塾になります

受験のための進路指導、勉強の仕方等にお困りの方はいつでもご相談ください。 〒133-0065 江戸川区南篠崎町5-9-12-2F         (篠崎街道のセブンイレブンの上)

        TEL 3698-6641


特集記事
最新記事