8月が終わってしまう・・・・焦りが出るけど

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! もうすぐ8月が終わろうという時期。 今年の夏の象徴といえる35度超えも 今週をピークに落ち着いていきそうです 今日なんかも予想最高気温30度超えてないですし・・・・ 暑いのは暑いけどね・・・汗 長い夏休みも終わるということで 中3も高3も基礎固めのほうはどうだったでしょうか? ①夏休みを無駄にした めちゃくちゃ夏休みの勉強はうまくいったという生徒は なかなかいないのではと思います。 P1高3生もお盆休みを無駄に過ごしてしまった と白状してましたし・・・・ 中3生は昨日の模試で青ざめるでしょう。 そこからスタートです(本当の意味での) とはいえ後悔先に立たずです。 いまさら7月22日に戻ることもできないわけで・・・・ 仮に戻れても また酷暑やゲリラ豪雨を体験したくないです(笑) ②夏休みを無駄にしてしまった受験生の対処 まずは無駄にした時間を計算しましょう。 そして秋口で挽回するしかないのです。 そのために必要なのが ①モチベーションアップ ②秋の学習時間(学習スケジュールやペース)を再考 ③過去問分析や模試分析から来る、不足しているものを把握 (中3生は8月模試なら今週末、高3生も河合模試なら今週末から来週には可能) (過去問はいつでも可能ですね・・・) ③適度な緊張と焦りは受験生には必要! ただ焦りすぎるのは禁物 受験生は適度の緊張と焦りは常に学習する上で持っていた方がいいと思います。 悩み、苦しむことであとで結果が出たときうれしさひとしお 実力の付き方も雲泥の差です。悩んだことが後で解決法のカギになるこ

中3生は8月Vもぎ間近な子も多いですね。

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 明日はVもぎ8月が実施される日ですね。 受験する生徒は、どんな気持ちでしょうか? 8月~受験開始する生徒も多いので、緊張といったところでしょうか。 以前の記事でVもぎは評価より「何ができて、何ができなかったか、弱点はどこか知ることが大事」 といいました。 参照:中3生向け 志望校の考え方と8月模試 中3生・高3生向け 夏の模試は結果より分析が大事 ただどういう問題が出るのか心配という人も多いと思うので その辺に触れておきましょう。 ①問題のイメージ 学校の到達度テストを受けたことがある方はそれをイメージしましょう。 少しむずかしめに設定されているので、 学校で受けたときより難しく感じるかもしれませんが、 本番のいい練習になりますね。 ②各科目の特色(8月Vもぎ) 8月Vもぎはそこまで中3の分野の出題率が多くないので、 中1、中2の復習が大事です。 ・国語・・・漢字の読み書きが計10問 レベルは本番より難しめ。書きは特に・・・・ 大問3番が小説(物語文) 大問4番が説明文(論説文) 大問5番が古文融合文(古文とうたってるが濃度は薄い、古文漢文の説明文・鑑賞文というイメージ) 夏の時点では 「漢字の出来」 「物語と説明文どちらが取りやすいか体験」 「時間配分の難しさを体験」 ・数学・・・・大問1で46点、しかしまだ中3分野はそこまで入ってこない 正負の数・文字と式・展開因数分解・1次方程式・連立方程式 (実際本番には平方根と2次方程式は絶対に出題される) さらに関数の小問や角度、資料の整理、確率が出されて、最後

高3現代文攻略法

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! ここ最近の高3生の悩みを聞いてみると 現代文の学習に関する悩みが多いです。 「なんとなく読めてる」 「ジャンルによって点が左右する」 「2択までは絞れるけど・・・」 「最後の最後で逆の選択肢を選んでしまう」 高校の現代文の攻略法 ①現代文攻略法 基礎編 そもそも言葉を知らないから、内容が入ってこない そのジャンルのことを知らないので読んでもわからない ⇒そんな方への対処法は まだ読解の問題集には入らず 語彙力強化と自分の得意ジャンルの範囲を広げるための 知っている言葉を増やすこと 市販の問題集ですと「ことばはちからダ!」や「現代文キーワード読解」です この2冊は河合出版とZ会が出しており、とてもいい著書です。 ことばはちからダの方は 第1章が 「読解語」20語 対義語や「主観と客観」・カタカナ語などを解説していて そのあとその語が入った10行ほどの文章を読んで 本文内容の内容一致選択問題3問がついている 第2章はテーマ語 5語が収録 「近代」「科学と人間」「文化と文明」 「身体」「情報」というここ数年の現代文の流行を追っており 第3章と4章は「重要語」32語+36語 こちらはカタカナ語や故事成語そして三文字熟語 「不」「非」「無」などが接頭語となるものなど より実践的な語を収録 ~観や ~義なども収録 巻末に知っていると便利な熟語が収録されており この1冊でテーマの拡充と語彙を増強しておきたいところ 現代文キーワード読解はMARCHレベルにも通用する 語彙を増強できます 形式として1つないし2つの語句が見

今週末は8月Vもぎ! 中1中2の理科2分野語呂合わせ

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 今回は理科に分野で覚えづらい生物(人体・植物)地学(大地・化石)といったところを覚えていくときの手助けになる語呂合わせを紹介します。 今後のVもぎ、学校の試験にも間に合うぞ!! <地学> 示準化石 示準化石とは、堆積した年代を推測するのに手助けとなる化石。 示準化石 古生代・・・サンヨウチュウ、フズリナ 中生代・・・アンモナイト、恐竜 新生代・・・ナウマンゾウ、ビカリア 覚え方 「古い財布、空き地で、しなびた」 古(い)・・・古生代 財布・・・サンヨウチュウ、フズリナ 空き地で・・・アンモナイト、恐竜、中生代 しなびた・・・新生代、ナウマンゾウ、ビカリア 示相化石 (示相の相は 手相の相 手相を見る人は その人の過去や未来の環境を見ているわけです) 示相化石とは、堆積した環境を推測するのに手助けとなる化石。 示相化石 浅い海・砂浜・・・アサリ 浅い海・岩・・・カキ 河口・湖・・シジミ 暖かくきれいな浅い海・・・サンゴ 「示相化石はあかし(や)さんご」  明石家さんま的に覚えましょう 「あ」=アサリ[浅い海・砂浜] 「か」=カキ[浅い海・岩場] 「し」=シジミ[河口や湖] 「さんご」=サンゴ[暖かくてきれいな浅い海] 火成岩 火成岩は、マグマが冷えて固まってできた岩石 火成岩は、そのでき方によって火山岩と深成岩に分けられる。 深成岩・・・花こう岩、せん緑岩、はんれい岩 火山岩・・・流紋岩、安山岩、玄武岩 覚え方 「新幹線は刈り上げ」 新・・・

近隣中学中3生 9月試験範囲 歴史⓪昭和前

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 9月に近隣中学で中間試験がありますが 昭和時代が歴史の範囲となりそうですが ここでまとめておきましょう。中学入試の歴史ともかぶりますね。 パート0は 昭和前(大正時代)です。 パート1は昭和戦前1926~1945年 パート2は昭和戦後1945~1988年ごろ と感じで行きます。 〇大正時代の日本と世界の状況 (1914年~ 第一次世界大戦  1918年~ シベリア出兵) 日本:大正デモクラシーといって民主主義や自由主義を主張する 流れになり 1916年には吉野作造が民本主義を主張 (民主主義は欧米から入ってきたもので、民衆の意向にもとづく政党や議会を中心に政治を行うこと+国民主権、民本主義は一般民中を重んじ 貴賤上下の区別はしないというイメージ) 1912年 第一次護憲運動 立憲政友会の尾崎行雄,立憲国民党の犬養毅(いぬかいつよし)らが中心で 「閥族打破・憲政擁護」を訴える (藩閥や軍など組織による政府を追放して、 議会中心の国民の意見も取り入れよう 憲法の内容をちゃんと守っていこう) 1913年、藩閥出身の桂太郎内閣は退陣することに 1915年 中国へ二十一か条の要求 (ドイツが植民地として中国に持つものを第一次世界大戦でドイツが負けたら 日本のものにする=ドイツから奪ったものは日本のものだからよろしく的な) 第1次世界大戦に参加した日本、ヨーロッパ諸国と違って、国内は戦場にならなかった ので、輸出のための工業が好調で、好景気、 そんな中シベリア出兵に日本が参加、そこでも武器など含め 輸出工業が好調にな

高3受験生の夏休み後の学習に向けて

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 公立小中学校2学期開始まであと1週間!というわけで 夏休みも終わりが見えてきました! 高3生を筆頭に受験生の中でも夏休みを有効利用できた人と、 できなかった人いると思います。 今一度 8月31日までに、何の科目がどこまでできるか (勉強時間ではなく、勉強の成果を重視) を自分なりに予測を立て、8月の末の目標を超えられるようにしましょう。 よく言われるのが、夏休みの終了時点で目標偏差値ゾーンの1つ下が8割超えるように・・・ (GMARCH目指している人は最低でも日東駒専が8割とか 高校受験生なら偏差値55の志望校目指しているのなら偏差値50とか40後半) とはいうもののそれを達成してても2学期をサボれば結局やってないのと同じです。 ですので1つ1つ基礎を固めて、9月までにできたことを継続して、9月10月と すすめられるようにしましょう。 <高3が8月末までにやっておきたいこと> 高3生は9月迎えるまでに志望校の過去問を1度、目を通してみるといいと思います (解くというより分析です!) ここまで自分がやってきた勉強との隔たりや 軌道修正をしっかり考えておきましょう。 その際に模試の分析と同様 A.すでに勉強した知識で解けるであろう物 B.これから年末までの勉強で解けるようになるもの C.合格点を考えると難問だから捨て問になるだろう問題 ★当然ですが合格者平均点も見ておきましょう。 以上3つの分類します。 <各科目ごとの分析法> 英語・・・・知識問題(文法語法問題)では、苦手な分野を洗い出す。 苦手な文法が結構出

中3生の志望校の考え方&8月の模試

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! さてお盆も終わり、日に日に日没が早まっているのがよくわかります。 暑いけど暦の上ではもう秋です。毎日酷暑、猛烈な暑さ、命の危険のある暑さ言ってますが・・・ 受験生にとってはもう半年後には、受験終了ないし受験真っただ中という感じです。 最近高3向けの記事が多かったので 今日は中3受験生向け記事を・・・ 今月末にVもぎが行われます。P1の中3生も8月と9月1回目に分かれますが 受験します。 「そういやああ志望校どうしよう?」 というそこの受験生とその保護者の方 に必見です。 <夏の時点の志望校> この時点で志望校をどう記入するかとかまだ決まってない、変わるかもと いう言葉が毎年保護者や生徒自身から漏れ聞こえますが、 今の時点で行きたい学校を書けばよい! これだけです。ただし私立併願は確かに選考中の方も多いですし、 秋くらいまでに見学説明会には行き、1学期の内申ならここ、上がればここなど 検討はしておきましょう。 模試でも現時点での第1志望校を素直に書いておきましょう。 <8月Vもぎの意味> そもそも8月の模試は受ける意味あるのかということですが・・・ ①判定ではなく、どこができて何が弱いのかを把握する どうしても保護者も本人も判定を見てしまいますが、今の時点の結果なんて どうでもよく、なんなら「入試本番でこの点数じゃなくてよかった」でOk それよりも何ができなくてこうなったかをチェック 例:国語の説明文が全然だ。 理科の生物分野はOkだけど化学分野はやったけど取れてない 社会の暗記はできてたけど、模試のような出

勉強の不安は勉強をすることでしか解決できない

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 夏休みも折り返し地点に来て 受験生は不安を抱えているとは思います。 (不安抱えてない人は順調かもしくは全く危機感ない人・・・) P1でも受験生の話を聞くとこんな結果が P1受験生不安ベスト3(中学生) 1.志望校に受かるか不安 2.8月に受ける模擬試験が不安 3.5科目の勉強がうまく進んでいない 番外編:部活引退が秋で、勉強に100%持っていけてない。 2学期の試験がんばって、内申を上げないと P1受験生不安ベスト3(高校生) 1.AO入試の準備がぎりぎりで不安(合格できるか) 1.国公立入試受験で、科目数分の勉強ができていない 2.7月河合模試、イマイチだった 3.これからの勉強法・滑り止め大学の選出 番外編:AO入試の基礎学力テストが不安 ★ちなみに 非受験生の不安はというと・・・・ 高校生:・オープンキャンパスに行かないといけないが 電車利用が苦手で無事につくか・・・ (無事についたのでご心配なく(笑)) ・アルバイトで夏休みでどれだけ稼げるか ・自転車東北の旅で無事に熱中症にかからずたどり着き 帰京できるか (無事に昨日帰ってきて顔出してました) ・宿題が終わらない ・受験勉強を始めないといけないとわかっていても、 家だと身が入らず、塾の自習室ならと思うが、いざとなると まあいっかとなる・・・ 中学生 ・部活が忙しくて宿題が終わらない ・夏の予定が埋まらない(笑) 化粧デビューしたがうまくいってるか心配 (これに関しては個人的感想ですと うまくいってません(笑)けばかった) 小学生にも聞いてみました

AO入試出願の季節が始まりました。

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 大学入試シーズンが到来ですね。 そうです。一般ではなく まずはAO入試です。 「AO入試って何?」という方は 過去の記事へ⇒こちら AO入試のピークは8月~10月あたりとなります。 最近は年明けまでやっている大学も増えてきましたが・・・・ AO入試で課されるものとして ①エントリーシート ②小論文 ③志望動機を書いた作文的なもの ④面接 ⑤(一部大学では)作品 ポートフォリオなどプレゼン的な・・・ 中でも面接はほとんどのAO入試で課されていきます。 看護学部などでは一般入試の中に面接が組み込まれています。 面接の前にすべきことをまとめておきましょう! <AO入試は準備が大事> その大学への熱い気持ちをどう伝えるかが大事。 面接時の内容・表情・たたずまいなどもチェックされます。 面接官からどう思われるか?を大事にしてください。 当然面接官は年齢も若いか・年配か・男女の差もありますが 結局人間なので、こちらの思いが伝われば一番いいわけです。 面接時間は10分から20分ほどと長くはないので、 この短い時間で自己アピールできるかが大事。 <大学が求める人物像を理解しそれにあった形で自分をアピール> スポーツのドラフトと同じで 大学が求める(次年度欲しい)生徒像にあってれば、合格率が上がると考えましょう。 アドミッションポリシーって聞いたことありますか? 例えば 日大法学部のアドミッションポリシー これに沿った形で面接の答えを作っていくといい形で終われます。 急いで自分が受験する大学のAO入試のページとアドミッション

中3受験生向け「2学期は定期試験対策?都立入試対策?」

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 今週は暑いですね。今日明日は36度予想になってましたが 今朝の天気予報では35度止まりとか・・・ (それでも暑いですが・・・・) P1はそんな暑い中通ってくれる人のために、クーラー全開で 涼しくしてお待ちしています。 (一説によると 寒いという話も・・・・汗汗) さて今年のP1受験生は中学受験がいないので、中3と高3ですが 連日授業前・授業後などに自習している姿をみかけます。 <中3がこの時期悩むこと> 中3生の皆さんは、この時期からの勉強法で悩むことは ・2学期の2回の定期試験 VS ・本番を見据えた都立向け勉強(都立模試対策含む) この二つの学習はイコールではなく お互いの共通部分があるわけです。 2学期試験対策=比較的狭く中3の内容のみが基本 都立対策    =3学年すべての内容 両方やるには時間と気合が必要です!! そして科目ごとにチェックすると <英語> ・学校試験対策だと2~3レッスン分の学習でOK だが、単語や英作文・和訳に関していうと 定期試験は 日⇔英 +英作文などやることが多いです。 ・都立対策 超上位目指す人以外は 英⇒日ができればいい(単語・熟語・長文読解) 極端な話、長文が読めれば英文法も大量にやる必要はない (have played 現在完了ねと わかればいい  (持つ 遊んだみたいな訳をしなければいいわけさ) これを二刀流でやらないといけないのが夏休みから11月中頃までのスケジュールです。 ここで大事なのはこの夏休みから2学期にかけて 二刀流すべきなのかどうかを個々で判断

夏休み前半戦終了、この時期の模試結果は気にしすぎるな!

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 本格的に夏休みが進行していますね。 暑さも半端ない殺人的な暑さになってきています。 今日室長の私も毎日瑞江駅から歩いて教室に来ていますが、 途中で倒れるかという暑さです。 行き帰りで汗だくですね・・・・ P1の生徒たちは中3生は半分が部活引退、半分は秋口まで続くようです。 そういう環境下でも授業や小テスト・自習と頑張っています。 中1・中2は林間学校も終わり、部活が忙しいようです。 「夏休みの宿題が終わらない」という声もちらほら・・・ ・・・・大丈夫かな・・・・心配です。 理科の自由研究的な宿題がある2年生 林間学校の出来事の英作文のある2年生 夏休みのある1日の出来事をえいさくぶんで書くという宿題も出されていました。 すぐ終わるものでもない宿題が最近は増えてきました。 数学や英語のワーク系は速攻で終わらせないといけませんね。 高校生も宿題は出てるようですが、部活の忙しさでなかなか進んでいなさそうな子も・・・・ お盆前にある程度終わらせておくように今週の使い方がカギです。 受験生は「プール行きたい」「野外イベント行きたい」などあると思いますが 合格して高1・大1の夏休みに行くことを想像するとやる気が出てきませんか。 今がんばらないとそれも実現できずになりますよ。 大1といえば P1の先生たちも続々と大学の試験が終わり、インターんの先生以外はほぼ戻ってきました。 大学3年生と。院生1年生は企業訪問やインターンなので、なかなか自分も会えてないのですが 大学の試験が終わった先生たちはほっとした感じで夏休み突入とい

MARCHで入りやすい学部学科ってどこ?やはりあの大学のあの学科だった!

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! MARCHで入りやすいところなんてないだろう そう思っている受験生は案外多いです。 しかし受験生で多いのが 「とりあえずMARCHレベルに行きたい」 「MARCH目指したいが、偏差値60近くないと無理でしょ…」 という言葉 今回は本当に偏差値60ないと厳しいのか調べてみました。 偏差値と倍率・科目などを勘案して考えていきましょう まずはMARCHの偏差値 MARCH 青山学院 文学部・英米文(67.5) 経営(62.5~65) 国際政治経済(62.5~65) 法(62.5~65) 経済(60~62.5) 教育人間科(60~62.5) 社会情報(60~62.5) 文(60~62.5) 総合文化(60) 社会地域共生(60) 中央 総合政策(60~65) 国際経営(62.5) 商(57.5~62.5) 法(60~62.5) 経済(60) 国際情報(60) 文(57.5~60) 法政 GIS(65) 経営(60~62.5) 法(60~62.5) キャリアデザイン(60) 国際文化(60) 社会(57.5~60) 文(57.5~60) 経済(57.5) 現代福祉(57.5) スポーツ健康(57.5) 人間環境(57.5) 立教 異文化コミュ(65) 経営(65) 社会(62.5~65) 観光(62.5) 経済(62.5) 現代心理(60~62.5) 文(60~62.5) 法(60~62.5) コミュニティ福祉(57.5~60) 明治 経営(62.5) 国際日本(62.5) 商(62.5) 情報コミュ(62.5) 政

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Lawyer & Lawyer.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

ソーシャルメディア:

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon