小学生の英語の教科化・プログラミング学習の必修化

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! ついさきほど、教室で教材会社の方々とお話をしましたが、 来年春から3年連続で小・中・高と順に教科書の改訂がなされます。 それと同時に 来春から小学校での英語の教科化、 道徳の教科化、 プログラミングの必修化が 開始され、再来年春には、 センター試験⇒大学入試共通テストスタート その翌年には都立入試の英語でのスピーキング試験導入 と英語を中心に変化が続々と起きるわけです。 しかし国や自治体の動きとは裏腹に現場はてんてこ舞いな様子です。 プログラミングの必修化に関しては、教科にするのではなく、算数などの授業の中に組み入れるイメージで 英語に関しては今年度までと違って、アクティブ学習は続けながらも、アルファベットや単語のリーディングとライティング学習が 始まる様子です。 個人的には国算がおろそかになることを懸念してしまうのですが・・・・ 今からできることを考えてみると 「国語力の強化」 「英語のアルファベットや単語に興味を示しスペル発音に注目する」 前者は言うまでもなくすべての科目の根幹が「国語」なので そこへの注力は続けましょう。 後者のほうですがアルファベットや基礎単語・自分の名前もかけて読めるようにしましょう。どういう評価を小学生に英語の授業としてするのかが疑問です。 <最後に> しかしやるべきことは変わりません。まずは単語の読み方・声に出して読むなど 音から入り、その場その場のシチュエーションで相手の言葉を聞き取ったりするのは学校などで CDを聞きこむことが重要です。 小学生だけでなく中学生も高校生も英語

公立中の3年生、あと2か月後には仮内申出てしまいますよ!

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 公立中の中3生はまさに大事な秋・冬をこれから迎えるわけですが、 受験モードに入ってますか?P1でも入っている子と入っていない子が くっきり分かれてきている気がします。 まだ部活引退できていない子もいるとは思いますが、それを理由にしても すでに引退していることの差を考えると、巻き返すのは大変ですよ。 さて今後の中3生の流れを今一度復習!! 10月 一部中学校で中間試験 各中学校の学芸発表会、修学旅行の学校もあり 11月 10月下旬から11月上旬に学校で中3生の3者面談が実施されることも 期末試験範囲発表 11月13日~22日にかけて各中学校で期末試験(篠崎中から当塾はスタート) 下旬、2学期の仮内申(受験で使用される内申)が確定 11月下旬から12月上旬 学校で3者面談実施 (志望校・私立単願・私立併願優遇などのお話) ★ここ最近では私立の単願や私立併願優遇受ける生徒が 先に11月に面談が行われたりしています。 また、12月の三者面談で都立志望の生徒と保護者には担任から 都立高校の推薦を受けるかどうかの意思確認がなされています。 P1では学校の面談の前または後に(保護者の希望により) 塾での3者面談または2者面談または電話面談を行っております。 こうして流れを見ていくと相当忙しく、精神的にもきつい中3生の秋冬であることがわかります。 ここに各高校での個別相談や説明会、模試受験、中には英検等の資格受験など が加わります。まずは11月の期末試験が最大の敵でしょうが、個別相談にも行ってきてくださいね。 最後に近隣

近隣中学中3生 9月10月試験範囲 歴史① 昭和時代戦前・戦時中

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 9月に近隣中学で中間試験がありますが 昭和時代も歴史の範囲となりそうですが 内容は中学入試の歴史ともかぶりますね。 前回はパート0で大正時代を取り上げました。 今回パート1は昭和戦前1926~1945年です。 昭和の戦前はどうだったか? 1.深刻な不況が世界から日本へやってくる・・・・ ①世界恐慌 ・発端は1929年10月アメリカのニューヨーク市場で株価が暴落。 銀行倒産、失業者増で大不況へ アメリカは多数の国に資金を貸していたので、 当然世界へと不況が広がります。 <各国の対応策は?> ・発端のアメリカの対応 ニューディール政策(ルーズベルト大統領) →大規模な公共事業を積極的におこす=失業者が減る 農業や工業の生産を調整 経済が回復=民主主義も維持 貿易を抑える(→アメリカへ輸出していた国は大打撃) .イギリス・フランスの対応 ・ブロック経済(囲い込み経済)の実施 →本国と植民地の貿易を拡大、外国に対しては高い関税をかけた .ソ連 ・五か年計画で独自に策を取っていたのと社会主義国のため、 世界恐慌の影響を受けず、アメリカに次ぐ工業国 ②ファシズム(政治運動)の流行 民主主義を否定、個人<国家 →全体主義+武力侵略 1.イタリア ・ムッソリーニ:ファシスト党を率いた (領土問題・共産主義への国民の不満を受けて) 独裁、言論や集会を制限→エチオピア侵略&併合 2.ドイツ=ベルサイユ条約に不満 ・ヒトラー:ナチスを率いて政治の実権をにぎった ユダヤ人の迫害、共産主義者への攻撃 世界恐慌時はナチスが勢力拡大、

共通テスト現代社会は短期間で仕上げよう

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 共通テストまであと5か月切りましたが、国公立理系志望で社会科に手がつかずなんていう受験生 意外と多いのでは? そんな理系受験生が選ぶ社会科は地理や倫政も多いですが、現代社会も多いと思います。 現代社会が夏休み手つかずだったという受験生に向けて、2か月で仕上げる流れを提示します。 ①共通テスト現代社会の概要 平均点は57点くらい 大問6題 ジャンルは 政治経済 思想・倫理 国際社会 環境が多く 他に情報社会、ロボット社会、時事ネタ、 主権、選挙権、地方創生など多岐にわたる。 その中でも政治経済が配点も多く中心になります。 その後国際社会、青年期や・環境・思想・情報が続きます。 ②短期学習システム ・まず1か月で講義系参考書を使ってインプット (教科書でも可) 少なくとも政治経済は力を入れましょう。 ★知識を入れても断片的知識だと解けないので、資料などの活用、統計の見方なども 練習が必要です。 つまり早い段階で旧センターの過去問に入り、入れた知識の生かし方や 解法を学びましょう。 ・その後講義系参考書でブラッシングしながら、さらに過去問というイメージ。 時事問題は日ごろからの意識づけが大事なので、興味を持っていきましょう。 ③1か月のインプット 1か月のアウトプット+修正 約2か月で仕上げるつもりでいかないと、 数学・英語理科などが理系の場合、時間がかかるはずなので 社会に対する時間配分が減ってしまうはずです。そこからの苦肉の策として、2か月マスターです。 教材としては 講義系は蔭山シリーズ 問題集は「完全MA

現在高校2年生以下の生徒向け、江戸川区から新大学入試にチャレンジ

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 昨年あたりからニュース等でも報じられているように、現在高校2年生以下の生徒は 大学受験制度が大きく変わります。 今年に入ってもいろいろ変わったり、新情報が出ています。 先日、文科大臣もかわりましたが、今後加速していくのか 高校の先生から延期ないし中止の要望書が出されたり、予備校の先生からの指摘・批判もでたり・・・・受験生が困らないよう運用してほしいものです・・・ 現時点で表に出ている、内容を整理したいと思います。 ①センター試験の廃止 2020年1月の実施をもって長かったセンター試験の歴史が終わります。 「大学入学共通テスト」という名で2021年にスタートします。 日程や科目数などはほぼ変わらずです。 ★出題形式の大きな変化 国語:現代文で記述問題出題 80字から120字程度を含む3題 「実用的な文章を主たる題材とするもの、論理的な文章を主たる題材とするもの又は両方を組み合わせたものとする。文章等の内容や構造を把握、解釈して、考えたことを端的に記述することを求める。」となっており 何かの規約や資料、パンフレット、説明書のような今までの小説・説明文を読解するという形ではない新時代の国語読解力も求められる可能性があるようです。 マーク式問題とは別個で大問として出題の方向 各小問と記述式問題全体の段階別評価が示される予定。 各小問は4段階表示、全体の総合評価は5段階表示とすることが検討中 数学:数Ⅰや数Ⅰ・Aで、数Ⅰの範囲から3問ほど記述問題 国語と違ってマークシート問題とは別個にせずに混在して出題 試験時間の拡

全統マーク模試第2回が返ってきました

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 9月に入り河合塾の全統マーク2回目(7月末実施)が返ってきましたね これは夏休み開始1週間後の開催ですので、夏休みの膨大な勉強をした後の 結果ではありませんが、 見てみるといろいろなものが見えてきます。 少し分析してみましょう ①平均点(切り上げ) ( )平均は2019年1月の実際のセンター平均 英語(123点)   全国112点 現役109点 卒生137点 リス(31点)    全国27点 現役26点 卒生31点 英語+L(200点換算)全国112点 現役109点 卒生136点 数ⅠA(60点)   全国52点 現役51点 卒生65点 数ⅡB(53点)   全国47点 現役44点 卒生65点 国語(122点)   全国112点 現役110点 卒生129点 化学基礎(31点) 全国23点 現役22点 卒生30点 生物基礎(31点) 全国22点 現役22点 卒生27点 日本史B(64点) 全国45点 現役44点 卒生60点 現社(57点)   全国44点 現役43点 卒生55点 化学(55点)   全国47点 現役45点 卒生62点 物理(57点)   全国62点 現役59点 卒生77点 ★物理が例年より高め。 現役生は夏休み勉強のエンジンをかけてすぐなので まだ平均点には表れていませんが、次回の模試などでは現役生のアップもあるでしょう。 ②科目分析(英数) 英語筆記 発アク 5.9点/14 文法整序 22.5点/47 主旨   23.8点/33 図表読解   21.6点/40 読解① 16.7点/30 読解

私立中高一貫に通う中2・中3生・高1生へ

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 当塾にも所属していますが、私立中学受験をして入学した生徒は、 中2・中3・高1で相当だれます。 学校の構造上仕方ないところもありますが、ここをしっかり乗り切らないと 高2や高3で苦労します。 <中高一貫校の教育> 中2生ですと英語が中3の範囲に入ってたり、5文型をやったり、 数学では中3の範囲に入り始めるところが多いはずです。 国語も現代文と古典に早々に分かれてしまっていることもあると思います。 一般の公立中とは異なった学習内容、レベル、そして試験問題になり、その学校特融の 対策が必要になってきます。高校生レベルの内容を中学中盤でやるなんてところもあります。 中3生ですと、ちょうどP1生がそうですが、 体系数学代数編1・2を中3の1学期で終わらせて 普通の高校の教科書数Ⅰに入るのがこの2学期です。 体系数学幾何編は週の学習単位数が少し少ないので遅れて2学期後半 数Aに入ることが多いです。 中高一貫の中3生は特にだれてしまう傾向があるので、この夏休み後の数Ⅰに入るころまでに中学数学の理解漏れをなくしたいところです。 <中高一貫校の生徒の問題点とP1の取り組み> P1では、中学の基礎を固めつつ、数ⅠAのフォローをする流れにしていますが 実際、数ⅠAの重さに負けて中学数学の復習で精いっぱいという生徒が多いです。 英語も中学教科書の単語はもちろん、私立中学独自で単語帳を持たせている学校もあり いわゆる高校受験レベルや高校初期レベルを要求されることも (ターゲットやら速読英単語やらですね) 英語の場合は数学以上に積み

センター試験まで122日 数学ⅡBのセンター試験をおさらい

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 高3向け数学記事です。 以前の記事が 数学ⅠAに関してでした。 ⇒こちら ただ多くの受験生が悩む科目で上位に来るのが センター数ⅡB!! なぜかというと ①ダントツで時間が足りない ②誘導がわかりづらい という困った悩みがあるのです。 このあたりが毎年センター試験当日のⅡB試験後のツイッターで溢れます・・・・ そんな難敵科目 数ⅡBを見ていきましょう。 <平均点> 数ⅡB 39.31  47.92 52.07 51.07 53.21 48.72 ave 53.20 2014年は40点以下 さらに昨年度も50点下回る 旧課程時代では 1998年41点  2001年68点 2003年2004年 45点前後 と比較的高低差があり 2006年からの9年間は53点前後で推移してました。 数ⅡBのほうが難しいということは間違えありません。 数ⅠAはここ6年間は59点から60点平均ですから・・・・ <レベル> 教科書の章末問題からその少し上レベル。偏差値50前後という、おおざっぱなイメージですが、日東駒専あたりのレベルが解けるとよろしい ただしマーク問題なので出題できる問題に制限が出るので 帰納法などは出しづらい(2013年度に1度だけ出ました)。軌跡の完全解答とかも。 ただし、数列の特に後半の漸化式関連が、誘導がわかりづらいパターンで でてます。 誘導に乗っかれるかで得点差も激しくなります。 それゆえに時間が足りなくなることも多い。 攻略するのは、練習しまくって マークシート特性で 裏ワザ的な公式を使うのもあり

当塾からも割と近め日本大学第一中学校高等学校って

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 今回の学校紹介は 中学偏差値が首都もしで43 高校偏差値が57、日大の付属校、江戸博のとなり。 P1南篠崎教室から通いやすい日本大学第一高等学校です。 大江戸線の両国駅で降りると エレベーターで上がると、徒歩1分かからず正門へ (雨の日もぬれずに・・・というのが合言葉) 私もこの学校のOBでございます。 数年前に校長が変わったタイミングで、日大内部進学だけでなく 他大進学にも力を入れています。 1997年に共学化、日大との高大連携や 千葉に付属小学校もある。校長は私の 元担任でもあるため、どこか緊張する塾向け説明会に 毎年なっております。 <OB/OG> 大橋巨泉・ちばてつや・三木のり平・松崎しげる・渡辺司(ゴルフ) 増井山(元力士・歌手) 三井梨紗子(メダリスト) 本仮屋ユイカ <アクセス> 住所:130-0015 03-3625-0026 墨田区横網1-5-2 JR 両国から5分 都営大江戸線 両国 1分 <中学校> 3学年計663名 東京からの通学者が75% 千葉17% 埼玉5% 神奈川2% 茨城1名 各学年5クラス 1クラス40名強 中2と中3で1クラス英数習熟度クラスの発展クラスを用意 中2から中3で編成は見直す <高校> 3学年計1049名 東京からの通学者が60% 千葉30% 埼玉7% 神奈川2% 茨城2名 栃木1名 高1と高3は8クラス  高2は9クラス 高1内進+高入生混合クラス7クラス 内進生の習熟度クラス1クラス 高2 日大進学文系 4クラス 理系3クラス 難関大学進学クラス文系1ク

現高校2年生の受験まで1年切りました・・・

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! タイトルをみて「1年?」 と思った方は受験制度を頭に入れましょう AO入試が始まるのが8月です。それを考えると 「1年無いのです」・・・ さらに指定校推薦などは1学期の成績までで決まるので、 チャンスはあと5回の試験ということ・・・・ そして・・・・一般入試ですが このブログでも何回も話題にしている「新大学入試」「大学入学共通テスト」「外部英語受験」といった 事柄に対する情報把握できていますか? 一般入試を目指している高校2年生ですでに受験勉強を始めている子は多いと思います。 しかし半分以上の生徒はまだといった感じではないでしょうか? 高2の秋、高2の折り返し地点です。部活や学校の組織の中で中心になり忙しいとは思いますが そろそろ始めておかないと、入試制度の転換期学年は特に気を付けるべきです。 Q.何から始めれば? A.文系なら英⇒国 理系なら数⇒英 ですね。 理科や社会の前にこの2科目を先行スタート Q.どのレベルまで終わらせるの? A.英語なら単語熟語・文法からスタートして基礎が完成できていると理想形では? 基礎というのは(日東駒専・現センター試験レベル) 国語なら古文を来春までに固める という目標もありです 古語暗記+古典文法を仕上げておくだけでいいと思います。 数学なら高2生なので年内の3か月で数ⅠAを固める 年明け春までに数ⅡBというイメージです。 数Ⅲは時間がかかるので春休みくらいから (学校のカリキュラムで数Ⅲが高2に組み込まれているのなら) Q.どんな教材で勉強スタートするの? <英語> 単

VもぎのB判定・A判定の大体のイメージ

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 夏から秋にかけてVもぎ受験者が増えてきますが、 よくあるご質問で 「判定の付き方」に関してです。 今回はP1のある旧6学区に関してみていきます。 60%合格ラインのB判定は 以前ブログ記事にしました ⇒2020年春都立高校入試B判定ライン 80%ラインを下段に併記すると 左から換算内申と偏差値、総合得点 Vもぎ判定 両国    男子52、61、800点 B 59 61 830点 A 52 65 830点 A 女子57、61、830点 B 63、61 860点 A 57、65 860点 A  小松川   男子52、60、800点 B 58、60 830点 A 52、64 830点 A     女子56、60、820点 B 62、60 850点 A 56、64 850点 A 城東    男子50、58、770点 B 56、58、800点 A 50、62、800点 A       女子54、57、780点 B 60、57、810点 A 54、61、810点 A 上野 男子48、56、740点 B 54、56、770点 A 48、60、770点 A 女子52、56、760点 B 58、56、790点 A 52、60、790点 A 江戸川     男子46、53、700点 B 52、53、730点 A 46、57、730点 A 女子51、53、730点 B 57、53、760点 A 51、57、760点 A 深川      男子44、52、690点 B 50、52、720点 A 44、56、720

モチベが上がらない大学受験をする高3生

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 私大狙いの人は、センター試験や個別試験 国公立大狙いの人は、センター試験と2次試験が必須ですが、 「いまだに勉強していない」「やる気が起きない」 「赤本買ってない」「模試受けたことない」 こういう人いませんか? さすがに9月からは必死でやらないと間に合わないと思います。 ここまでスローペースでやってきた人も、 まだ手に付けてない科目にそろそろ手を付けないといけません。 一番まずいのが国公立志望の人 5教科7科目が通例ですが 秋口からやって間に合うのは 「漢文」「日本史・世界史以外の社会科」「理科基礎」あたりでしょうか あとは 「古文の読解」「現代文の基礎ができている人の追い込み現代文や漢字」 他はここからスタートだとゴールまでに相当の時間を要します。 過去問をやる時間も考えると、一刻も早く 基礎レベル(大東亜⇒センター日東駒専レベル)を終わらせておかないと いけません。GMARCH以上志望の生徒も当然そうなります。 <モチベーションを上げる1例> モチベーションを上げる方法は人それぞれですが 将来なりたいものを思い浮かべる、 志望校のパンフレットやHPをながめて意識を高める。 よくあるのは赤本などを常に目が入るところに置き、その学校への意識思いを集中させる!! 当然スマホなどもいじらないように、学習環境を整えることも大事です。 「合格したい気持ち」これがモチベーションにつながるので、 まずはそこを今一度固めましょう。 合格したい気持ちが出てこない人は 受験をするのはやめざるをえません。 ライバルがその大学に

センター試験まで135日 数学IAのセンター試験をおさらい

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! もう134日しかないんですね・・・・・ ちなみに、都立高校入試まで168日です。 国立二次も172日です さて理系の受験者にはもちろん、文系受験者でも数学を使う人は多いかと思います。 文字通り最後のセンター試験になるわけですが、最後なので例年通りの出題なのか 最後の最後にひねりが入るのか・・・・ さっそくいろいろ見ていきましょう <平均点> 数ⅠA 61.27 55.27 61.12 61.91 59.68  ave59.85 旧課程時代では 恐ろしく低い年 1999年 2007年 2010年 2013年(50点前後)特に2010年は48点という 高い年 2000年 2004年 2005年 2008年 2012年 (70点前後) 数ⅡB 39.31 47.92 52.07 51.07 53.21 48.72 ave 53.20 2014年は40点以下 さらに昨年度も50点下回る 旧課程時代では 1998年41点  2001年68点 2003年2004年 45点前後 2006年からの9年間は53点前後で推移してました。 数ⅡBのほうが難しいという結果 <レベル> 教科書の章末問題からその少し上レベル。偏差値50前後という、おおざっぱなイメージですが、日東駒専あたりのレベルが解けるとよろしい ただしマーク問題なので出題できる問題に制限が出たり(証明や作図・図示は基本無理) 何より、誘導に慣れることが大事! 自分がよく使う解法ではない流れに設定されていることもある。 それゆえに時間が足りなくなることも多い

「過去問やれ!模試の結果がだめー」と言われたけど・・・・

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 夏休みが終わるにつれ、P1所属の受験生本人や親御さんから こういったワードをやたら聞きました。 「過去問まだやってないんですけどいつやればいいですか」 「模試が悪いのですけどうちの子大丈夫かしら」 さて 以前にもこのブログで書きましたが、 この時期の模試の意味 この時期における過去問の立ち位置 この2つを今一度整理すべきでしょう。 <現状把握> 以下の質問に自分で答えてみましょう ①夏休み終了時までに順調に学習が進んできたのか 夏休の膨大な時間を無駄にせず、とても充実した学習が 質、量ともにできたのか? ②基礎的なことを完璧だ。 じっくり1学期ないし夏休みにかけて基礎のインプットを入れることができた。 ③目標の志望校で必要な知識や解法が身についている ④夏休みまで受験した模試のとき直しはした。 上記4つに一個でもバツがある人は 次回の模試で上がる可能性は少ないですし、 過去問をガチで解くレベルに達していません。 <過去問を見たことがない> これはかなり問題です。 買ってない??   それは問題外!すぐに買いましょう!! 夏秋の過去問の使い方として 「傾向を知る」 「解くとしても時間の感覚の把握」 ⇒その後の学習の方向性の修正や時間配分を考えるために材料 ですので解くというより分析をしましょう。 だいぶ学習が進んでいる人は、週1回とかやる日を決めて 通しでやってみたりしましょう。 (学習が進んでない人は2週に1回とか、3週に一回とかアレンジしましょう) またセンター試験など形式が割と決まっているものに関しては

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Lawyer & Lawyer.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

ソーシャルメディア:

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon