センター試験現代社会は短期間で仕上げよう

September 25, 2019

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、
個別指導plus1の小山です!

 

センター試験まであと4か月切りましたが、国公立理系志望で社会科に手がつかずなんていう受験生

意外と多いのでは?

 

そんな理系受験生が選ぶ社会科は地理や倫政も多いですが、現代社会も多いと思います。

 

現代社会が夏休み手つかずだったという受験生に向けて、2か月で仕上げる流れを提示します。

 

①センター現代社会の概要

 平均点は57点くらい

 大問6題

 ジャンルは 

 政治経済

 思想・倫理

 国際社会

 環境が多く

 他に情報社会、ロボット社会、時事ネタ、

 主権、選挙権、地方創生など多岐にわたる。

 

その中でも政治経済が配点も多く中心になります

その後国際社会、青年期や・環境・思想・情報が続きます。

 

②短期学習システム

 ・まず1か月で講義系参考書を使ってインプット (教科書でも可)

  少なくとも政治経済は力を入れましょう。

 

★知識を入れても断片的知識だと解けないので、資料などの活用、統計の見方なども

  練習が必要です。

 つまり早い段階でセンターの過去問に入り、入れた知識の生かし方や

 解法を学びましょう。

 ・その後講義系参考書でブラッシングしながら、さらに過去問というイメージ。

  時事問題は日ごろからの意識づけが大事なので、興味を持っていきましょう。

 

③1か月のインプット 1か月のアウトプット+修正

 約2か月で仕上げるつもりでいかないと、

 数学・英語理科などが理系の場合、時間がかかるはずなので

 社会に対する時間配分が減ってしまうはずです。そこからの苦肉の策として、2か月マスターです。

 

 教材としては

 講義系は「蔭山のセンター現代社会パワーアップ版」

 問題集は「完全MASTERセンター試験現社問題集」をやって

 すぐにセンター過去問を10年分くらいやりましょう。

 その中間(講義と問題がそこそこの分量)が「センター試験 現代社会 集中講義」あたりになります

 

 ある程度知識がある方はマーク式基礎問題集やセンター試験への道などで

 演習を強化していいですが

 他の科目の勉強の進捗具合と相談になります。

 

  10月にインプット11月でアウトプット

  11月にインプット12月にアウトプット

  この2択です。前者で行ける受験生はその方がいいと思います。

  センタープレ模試を意識して・・・・

 

 

④最後に

日本史や世界史と比べ短期間で完成させることが可能ですが、満点近く取るには難儀な科目です

まさに理系が社会への負担をなくすためにマックス8割取るための選択社会科目といえます。

自分の志望校で現代社会を選べるという限定条件もあるので、よく吟味しましょう。

 

中3・高3 そして小学生のゆるやか中学受験を希望する方、お問い合わせお待ちしています。もちろん他の学年も受付中です。センター直前・一般直前対策の方もお待ちしています。

 

 

最も効率的でリーズナブルな講習会無しの中3の部活引退後からの受験勉強法教えます 

 

 

 

 

 

P1では無料相談・受験相談も受け付け中です。

志望校の選定も成績表や模試結果などがあれば可能です。

まずはTELどうぞ(03-3698-6641)
お問い合わせはお早めに。​

料金表はこちらのページから

 

詳しくは下記まで お問い合わせください。
無料受験・進路・勉強相談 受付中!
電話でも受け付けております
 「ゆるやか中学受験」「都立入試」「テスト形式大学受験対策」に精通した個別授業塾になります


受験のための進路指導、勉強の仕方等にお困りの方は

いつでもご相談ください。

〒133-0065 江戸川区南篠崎町5-9-12-2F

        (篠崎街道のセブンイレブンの上)

         電話 3698-6641

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

P1での大学受験 A君の体験談パート2

March 13, 2019

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ