top of page

現高2生の数学事情がすごい







瑞江・篠崎の個別指導plus1です


中間試験が近づいておりますが



今年高2になった生徒が持参した、数学の教科書を見て驚きました



数学Ⅱ

数学B

数学C



C?????


数学Cが復活したことを思い出しました



しかし数学ⅢとC=高3 というイメージが旧旧課程時代

いわゆる昔の数学ⅢC経験者は思うのでは・・・・


「高2春でもう数C?」



というのも新課程の数Ⅲ・数B・数Cの単元の事情が原因なのです



旧課程


数学A 場合の数と確率 図形の性質 整数の性質

数学B 数列 ベクトル 確率分布と統計的な推測

数学Ⅲ 平面上の曲線、複素数平面、極限

     微分法  積分法

数学活用


新課程


数学A 場合の数と確率旧数Bの期待値が移籍)

     図形の性質、数学と人間の活動(旧数Aの整数の性質)

     


数学B 数列  統計的な推測 、数学と社会生活

     

数学Ⅲ 極限  微分法  積分法

数学C 平面上の曲線、複素数平面、ベクトル、数学的な表現の工夫




数学と社会生活と数学的な表現の工夫は、旧数学活用の内容+αということ


新課程数学Ⅲは週5単位から週3単位に減りました (極限・微積のみになりましたので)




<統計分野の増大とベクトルの問題>



ベクトルが数学BからCに行ったことがやはり疑問です

ベクトルは物理基礎などでも使用するので

やはり数学ⅡB内でやっておかないと

高2時あたりの物理基礎や物理学習者には

困ることも出てきそうです。

統計学重要視時代ということもあり、ベクトルが

追いやられたイメージ


旧数Bの2大巨頭のベクトルと数列の破局によって、高2生が数Ⅱ+数B+数Cと

教科書3冊現象が起きたわけです(数学だけで週8時間になる感じですね)


進学校ですと高2の2学期には数学Ⅲの教科書も増えてという感じです




<共通テストはどうなる?>


今までですと理系は数学ⅠA、数学ⅡB 

私大文系は数学ⅠA(人によっては数学ⅡBも)だったかと思いますが


新課程での共通テストでは

数学Ⅰ+A   数学Ⅱ+B+C    の2科目になるので


文系の生徒で数学利用する場合は 数学Cも入ります


数列  統計的な推測

曲複  ベクトル

以上4項目から3項目選ぶ形になり 理系は4項目どれでも行けますが

文系の生徒が選ぶとすると やはり数列ベクトルは今まで通り確定で、残り1つは統計>>>>曲線+複素数平面 

になるのでは


つまり文系の生徒は、旧課程の「ベクトル」や「数列」に加え、「統計的な推測」が追加されるので1単元負担が増えます。

文系で数学選択の方、国公立文系の方はこの負担も考えておきましょう


★現行数学ⅡB共通テストは60分ですが、 新課程数学ⅡBCの共通テストは70分になります(現行数学ⅠAと同じです)



<2次試験は各大学の思惑も出せる形か>


2次試験に関しては各大学によって出され方が発表されるかと思いますが

存在感が減った整数は2次試験では今まで通り出してくると思います

私大上位や国公立といえば 「整数問題」なイメージあります


数BとCの出題分野は

統計的な推測に関しては2次試験では回避して、数列とベクトル+複素平面(2次曲線)が

中心かと思います。


あと数学改定と同じ年に加わる情報という科目でも数学利用機会あるので

そのあたりはバランスとってくるかもしれません

統計分野や整数分野(進法のあたりとか)



現時点で(今春)新課程数学Ⅱ+Bまでは書籍・参考書は出てきているので

早めに数学Ⅲ+Cの発行が望まれます

(情報もいい参考書などが出ることを祈ります)




個別指導Plus1南篠崎教室は 「学校補習」「ゆるやか中学受験」「都立高校入試・私立高校入試」

「テスト型参考書利用大学入試対策」に精通した個別指導塾になります。

受験のための進路指導、勉強の仕方等にお困りの方はいつでもご相談ください。 無料受験・進路・勉強相談 受付中!


詳しくは下記まで お問い合わせください。 お問い合わせはお早めに。

無料受験・進路・勉強相談 受付中! 電話でも受け付けております(03-3698-6641) 「ゆるやか中学受験」「都立入試」「大学受験」に精通した個別指導塾になります

受験のための進路指導、勉強の仕方等にお困りの方はいつでもご相談ください。 〒133-0065 江戸川区南篠崎町5-9-12-2F         (篠崎街道のセブンイレブンの上)

        TEL 3698-6641

ゴール(合格)を意識した学習計画を立てましょう。





Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page