大学入学共通テストの概要って?

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です!

昨日、大学入試センターが2020年度より導入の大学入学共通テストにおける

問題作成の観点、記述式問題、11月に行う予定である、試行調査

に関して趣旨を公表しました。

記述式問題については

数学Ⅰおよび国語で、小問として3問予定されている。

・問題作成の観点は

 ①大学入試センター試験の今までの評価すべき点と課題を

  踏まえつつ、共通テストで求めたい力を明確にさせる作問

 ②高校教育で学んだ成果を大学教育の基礎力として様々な力へと

  変換していく力を問う作問(判断力や情報処理能力など・表現力・思考力含む

 ③「どのように学ぶのか?」を踏まえた問題

・記述問題導入による変化

国語の試験時間を80分から100分

数Ⅰと数ⅠAの試験時間も60分から70分

・試験後の成績提供の時期を現行センター試験より1週間ほど

 遅らせる。

・昨年11月に行った試行調査(プレテスト)に続き

今年11月に全国の大学を会場として第2回目の試行調査をすることを表明

平均点5割程度の問題を想定して作成して実施する予定

・以上を踏まえて各教科・科目の作問のねらいや実施方法を

 2019年度初頭に正式に公表予定

★こうしてだんだんと新大学入試の概要が出てきますね。

 現高1生からが対象になりますが今からこのニュースには

 注目するべきです。

 現高1生は今からできることを考えていくべきです。

 当塾P1でも情報が入り次第このブログで

 情報を書き込みますのでご確認ください。

 こうした入試情報、進路相談、受験相談など

 各種相談を無料にて行ってますので,まずは

お問い合わせはお早めに。 料金表はこちらのページから 詳しくは下記まで お問い合わせください。 電話でも受け付けております(03-3698-6641) 「緩やか中学受験」「都立入試」「大学受験」に精通した個別指導塾になります

受験のための進路指導、勉強の仕方等にお困りの方はいつでもご相談ください。

#大学入試

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Lawyer & Lawyer.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

ソーシャルメディア:

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon