都立受験向け世界地理の気候帯を極める!

December 7, 2017

 

 

V模擬が返ってくると中3生がよくいう発言

「地理やばい。」世界地理が特にです。

 

今回は知識として

世界地理を掘っていこうと思います。

(中1・中2の生徒も定期試験でのチェックに使えます)

 

気候区分

赤道を基準にして上へと下へ順に気候帯が存在

 

赤道直下の東南アジア、アフリカ中部、南アメリカ北部あたりが

熱帯

・熱帯雨林気候(東南アジア) 

 雨温図では超高温、1年中グラフがまっすぐ高温、雨が1年じゅう多い

 

・サバナ気候 (アフリカ・南米)

 雨温図では高温(超ではない)、1年の間で雨の多い

 雨季(1月から4月と9月から12月)

 雨の少ない乾季(5月から8月)にはっきり分かれる。

 

熱帯のつぎが

アフリカ北部とオーストラリア中西部と南米の南部の

 

乾燥帯南米の南部はステップ気候)

 

砂漠気候(アフリカ北部)

 エジプトなどで雨が降らない。

雨温図では北半球なので日本と同じく「∩」型 温度は高め

 

乾燥帯の次がアメリカやアジア、西ヨーロッパなどの

温帯(いい感じに雨も降り、まあ暖かめ)

有名なのが

地中海性気候(西ヨーロッパのイタリアやスペインなど)

 

 雨温図ではサバナ気候のように雨季と乾季があるが

 温度がサバナほど高くない。降水量もサバナ気候ほど降らない

 夏も冬も農業ができる(オリーブや小麦)

 

温暖湿潤気候=日本

乾燥する時期がない、季節風の影響がある

 

 

(西海岸性気候は雨温図ではあまりでないけど)

高緯度で寒いはずなのに暖かめ(暖流の影響と偏西風により寒さが軽減)

偏西風と北大西洋海流の影響

★昨年度、アイスランドの問題で海流と偏西風の話出ました。

 

北海道・カナダやロシア

冷帯(亜寒帯

寒暖の差が激しく

タイガ(針葉樹)が茂り北半球にしかない気候帯

雨温図では冬は当然氷点下でも夏はそこそこ暖かい

 

さらに寒くなると

寒帯となります

南極大陸や北ロシア、北アラスカ、北カナダなど

気温が低く1年のほとんどが氷点下、10度は超えない

 

ツンドラ気候という言葉がある

 

 

毎年出る気候帯の問題、一度時間を取って勉強してみましょう!

 

問い合わせはお早めに。

料金表はこちらのページから

詳しくは下記まで お問い合わせください。
無料受験・進路・勉強相談 受付中!
電話でも受け付けております

(03-3698-6641)
 「ゆるやか中学受験」「都立入試」「大学受験」に精通した個別指導塾になります


受験のための進路指導、勉強の仕方等にお困りの方は

いつでもご相談ください。

〒133-0065 江戸川区南篠崎町5-9-12-2F

        (篠崎街道のセブンイレブンの上)

         電話 3698-6641

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

P1での大学受験 A君の体験談パート2

March 13, 2019

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ