篠二中の中学生、10月試験が近づいてきました

September 20, 2017

こんにちは!

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、

個別指導plus1の小山です!

 

 

今年はシルバーウイークという感じがしませんが、

10月が近づいてくると、篠二中、春江中そして

私立中や私立・都立高の生徒は定期試験を意識してほしい時期です。

 

地元篠二中ですが、

現在学習している範囲が次回の試験範囲の中心になるはずですが、

 

中3は、数学が平方根(ルート)と2次方程式

(2次関数は入るかもしれませんがおそらく序盤のみ)

英語は現在完了・不定詞が中心です。

分詞が入るかもしれませんが。

理科は今、力と運動そして細胞分裂のところがメインですね

イオンの残りが入るかもですが)

 

ここまでの3科目とも重い内容です。一個一個単元を確認していかないと

高得点は厳しいでしょう。

 

数学はルートの計算と2次方程式の計算を今月中に完璧にし、

余った時間で文章題や2次関数といった攻め方。

 

理科は生徒が苦手な章が理科第一分野だと思うので、

2分野を早急に固めつつ1分野は時間をかけるべきでしょう。

 

英語は上記2教科よりは文法は比較的楽なので、

今のうちに文法と単語を先に固めるべきです。

 

国語と社会はいつも通りの出題だと思うので、教科書を精読して

ワーク等で確認し、あとは学校の先生の指示通りの対応で間違いないでしょう。

 

中2ですが、この2学期が一番だれる時期・・・

そこを制御できる子が3学期はたまた中3になったときに強いです。

 

数学は連立(計算少しと文章題)と1次関数が中心でしょうから、

1次関数の基礎を積んでいき

連立の計算がスラスラ解けると及第点には乗ると思います。

(計算はかっこつきや小数・分数入りが範囲に入っているので

 猛練習が必要です)

 

グラフ関連がカギを握りそうです。

グラフをかけるように練習しましょう。

 

連立の文章題の出題数によっては戦略変更もありと思っています。

 

英語も文法が接続詞thatやthere is/are  動名詞は確定で

(助動詞や第4文型が入るのかがポイントです)

まずは各レッスンの話の流れは日本語で暗記くらいの

気持ちが必要です。

その後は1学期の試験を参考に、様々な問題に応じていける

知識の整理をしましょう。

 

理科は化学の残りですが、計算問題が配点が高く難しいようなら

2分野を先に固めていくと点は取りやすいです。

(電気に少し入ると若干厄介な気もしますが・・・)

 

社会は地理と歴史両方出ると思うので、

9月中にどちらかの科目の概略を頭に入れておくと、

10月の10日分でもう片方にも力を注げます。

 

国語は範囲が読めませんが国文法は今のうち

初見問題は数日では点が上がりづらいので知識問題を先に取り掛かりましょう。

 

 

 

中1に関しては現在調査中ですが、数学は

文字式と図形の移動、扇形が中心になると思います。

英語は一般動詞が本格化するのと、疑問詞や

時間を聞く疑問文やその答え方には注意しましょう。

 

 


お問い合わせはお早めに。

 

 

料金表はこちらのページから

詳しくは下記まで お問い合わせください。
無料受験・進路・勉強相談 受付中!
電話でも受け付けております
(03-3698-6641)
 「ゆるやか中学受験」「都立入試」「大学受験」に精通した個別指導塾になります

受験のための進路指導、勉強の仕方等にお困りの方は
いつでもご相談ください。

〒133-0065 江戸川区南篠崎町5-9-12-2F
        (篠崎街道のセブンイレブンの上)
         電話 3698-6641

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

P1での大学受験 A君の体験談パート2

March 13, 2019

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ