文系・理系の進路希望決定どうしよう・・・・

September 3, 2018

こんばんは!

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、個別指導plus1の小山です!

 

 

 

高校1年生にとって、10月末、11月末などは、文系理系選択の時期になることが多いと思います。

 

科目や、友達が〇〇だからみたいな感じで選んでしまう人も多いと思います。

 

選ぶ際に参考になればと

まず学部にどんなものがあるか

 

①学部を文理に分ける

文系・・・・文・人文学系、社会・国際学系、観光学系、法・政治学系

      経済・経営・商学部系

 

理系・・・・理学・工学・理工学・情報工学・農学・医歯薬系、保健看護学

 

他・・・・家政・生活科学系、芸術、スポーツ系、総合・環境・人間学系

 

★文学・人文学は教育・言語系・歴史・心理学系というイメージです。福祉系も加わったり。

★社会・国際学は現代社会学や国際教養系、メディア社会や国際コミュニケーションなど

★法や政治学では、公共政策や危機管理、国際ビジネスなどもあります。

★経済経営・商は、マーケティング、ファイナンス、マネジメントなどのカタカナ表記になっているところも。

★農学では、バイオ、生物学、醸造学、環境、資源など多岐にわたる学部でもあります

★生活科学では保育・児童・食物栄養・被服などを勉強します

★総合・人間学ではキャリアデザインなどが最近ではあたると思います。

 

②得意科目で選択

 基本物理が苦手で機械系とかはあまり選ばないと思いますが、

苦手科目が入試に入っていても、将来に目指している職種上避けられないケースもあります。

例:親の職種を受け継ぐ関係上〇〇学部に進まなきゃとか・・・・

 

とはいうものの、入学してからまだ半年でどの科目が得意とか苦手とか

判断ができないかもしれません。だから悩むという・・・

いろいろな人(塾の先生、兄弟姉妹、親、学校の先生など)に相談してもかまいませんが

最後は自分の決断に頼ることになるともいます。

 

 

ここまで考えるとやはり「将来就きたい職業」が大事になると思います。

 

③理系と文系の職業

職業に就くつまり就職率がポイントになると思いますが、

今年3月卒業の大学4年生の就職率

 

よく「理系のほうが就職口が多い」とか言われますが、

それは「専門的な分野を研究したり勉強するから」で

ただ、専門が故、かなり深く精通していったり、さらに勉強し続けることも要求されます。

それをしないと業界に生き残れない場合も多く、

1つのことを達人になるまで続けるイメージ・・・・

その理由の1つに技術の進歩や流行の栄枯必衰があります。

2000年代と2010年代を比べても技術の進歩や世代交代など

だいぶかわってしまっています。携帯電話など情報機器やゲーム機

1つとってもそうです。


どんどん新しい技術を吸収していくことが大事で、

また経営工学という分野はあるものの、管理職は文系の人が固める企業も多く、

そういった職を求める場合は文系大学ということも手です。

 

研究職・研究肌・とことん系→理系

営業職・経営マネージメント→文系

 

 

最近では理系でも文系職という考えも出てきました。 →こちら

 

④勉強としての文系・理系

文系は英・国・社が私大受験では一般的です。(数学受験の方もたまにいますが)

理系は英・数・理です。

 

 

理系の勉強は時間がかかるものが多く(数理)、英語がおろそかになる生徒が多いです。

 

物理は数学寄り(公式&計算)、化学は計算少し&暗記(計算自体は比の計算的なものが多い)

生物は計算&用語暗記&記述能力(理解) という形です。

 

こういった科目の研究や、大学学部ごとの受験科目の研究さらに

この大学に入るとどういう職種につけるかなども

しっかり頭に入れたうえで文系理系選択そして将来について考えていけるといいですね。

 

お問い合わせはお早めに。

料金表はこちらのページから

詳しくは下記まで お問い合わせください。
無料受験・進路・勉強相談 受付中!
電話でも受け付けております

(03-3698-6641)
 「ゆるやか中学受験」「都立入試」「大学受験」に精通した個別指導塾になります


受験のための進路指導、勉強の仕方等にお困りの方は

いつでもご相談ください。

〒133-0065 江戸川区南篠崎町5-9-12-2F

        (篠崎街道のセブンイレブンの上)

         電話 3698-6641

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

P1での大学受験 A君の体験談パート2

March 13, 2019

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ