近隣中学校で学校の面談が始まりましたね

こんばんは! 個別指導plus1の小山です!

中学校の2学期最後の面談

て、近隣中学校で今週から面談が始まりました。

中3生にとっては今後を占う面談になります。

P1内部生も学校での面談後に再面談や緊急面談を設置することもあります。

 さて、学校の面談と塾の面談への親子の取り組み方をテーマに行きます





中学校面談と塾の面談のちがいはあるのか?

 中3の面談は 塾の保護者面談も学校の保護者面談もあまり内容は変わらないことが多いです。

 進路面談が主、すなわち、通知表、内申、実力テストなどの結果をもとに

進路先を考えたりする面談ですね。

 しかし塾側としては、学校の面談前の事前面談や、学校の面談後すぐに調整面談したりもします。

最近では

学校の先生は忙しすぎることが問題視されたり

ベテランの先生などは

教員関連、中学高校との関係などのしがらみなどで、

思わぬ学校名が出る進路面談もあります。

昔から言われていることに

進路指導の傾向について両者の基本軸は

学校は「より安全に受からせる」

塾は「より高いレベルに受からせる」が基本

塾は基本生徒の可能性を信じて、伸びしろも計算し、少しチャレンジさせます

(保護者本人同意のうえで・・・本人のモチベーション低下を防ぐ意味も・・・・・)

ただどちらも一理あるとは思います。

非受験生の面談は?


中1や中2の保護者面談だと、多岐にわたって話があるので

家庭学習時間とか部活や習い事関連など、学校での様子など

話す内容は先生によって様々ですが、受験に触れる先生はあまりいません。

P1では昨年くらいから中2にはその時点での都立、私立などの目標ラインなどを

毎回の面談時にお見せして、1年後のことをお話したり

興味がある高校の話をしたりしています。

学校で受験に触れるのは中3になってからのことが多く、

その前に塾で夢や目標と絡めて発展させておくこともあります。

たしかに中1、中2では夢も目標も・・・・ない子が多数なわけで・・・・


実際当塾の中3でもまだ目標といわれても・・・という生徒が多いです。

そんな中で保護者が面談時にやってしまいがちなのが

「現時点でのダメなところ、試験のダメだったところばかり聞き、

今後の改善法を聞こうとしない」ことです。

そうすると目的がわからなくなりうやむやに面談が終わってしまうことにつながります。

目的は「成績を上げる。そして志望校に受かること」

学校や塾の3者面談時の絶対条件

成績向上のために面談での話題提供

①三者面談では

「今の成績のどこが良くないか」や、「どうしてそういう成績になったのか」の話題は少なめにしましょう

保護者が学校の先生の前で生徒自身を怒ってしまうと、お子さんは恥ずかしい気持ちを超え

より、殻にこもってしまいます

②「今の成績」を話題にして→最近の問題行動を披露

反抗期の子供をもつ親御さん的には、塾長が味方になってくれれば、親の言うこと聞かないから

 うちの子も聞いてくれる・・・・・

そうは問屋が卸さないのが 子供たちです・・・・・ 問題点を追求の意義は

現状や過去を見る→これは「分析」どまり。

大事なのは「これからどうするかの未来」 つまり今後の対策・措置ですね ・「今の成績」の話がずっと続く面談  P1の面談でも多いのは

 「子供が家で勉強しない」

 「成績が悪いので親として物足りない」

 塾でも学校でも面談時間は有限です。

そこで今までの不満でしめてしまうと、

改善点を話す時間が無くなってしまいます。

改善点としては塾での宿題の出し方を変えたり

自習室で週1日の勉強を課したり、あるのですが

現状の悪さばかり話すのは時間がもったいないです。

 保護者=すっきり   生徒=不満   先生=消化不良    という結果です。

それを改善するには  「今の成績」を追求しすぎず、

 今後どうするか=未来 をテーマにした話を展開して

 生徒が「やる気」になるような流れを作りましょう。  二者面談なら多少過去の話も出てくるのでしょうけど・・・・ ・三者面談の意義  三者面談は、三者の情報共有と、生徒への励まし、プラスにもっていく場かとおもいます。

 三者面談の時間は「未来・将来」に向けた改善点や方向性を決めるなどの、前向きな話をして、生徒が希望をもって帰れる機会

としていきたいなと思っています。

そうした満足できる面談を数多くできるよう、今週も面談をしたいと思います。



<お知らせ>冬期講習参加申し込み、12月入会生

お問合せご相談受付中です。

冬からでも間に合う中3の受験勉強法教えます 

試験の結果を見て悪かった や 普段勉強してない 部活引退しました 

など、学習意欲がある根気強い生徒でしたらまだまだ間に合います。

料金表はこちらのページから




「緩やか中学受験」「都立入試」「大学受験」に精通した個別指導塾になります。受験のための進路指導、勉強の仕方等にお困りの方はいつでもご相談ください。
〒133-0065 江戸川区南篠崎町5-9-12-2F        
(篠崎街道のセブンイレブン上) 03-3698-6641




特集記事
最新記事