センター試験で使用できる黒鉛筆

January 18, 2019

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、
個別指導plus1の小山です!

 

 

 センター試験が明日に迫りましたね。

 

センター試験の要項を読むと

こんな記載が

 

<机の上に出していいもの>

「黒鉛筆(H、F、HBに限る。和歌・格言等が印刷されているものは不可)

 シャープペンシル(メモや計算に使用する場合のみ可 黒い芯に限る

プラスチック製の消しゴム

鉛筆削り(電動式・大型なもの・ナイフ類は不可)

時計(辞書電卓端末等の機能があるものや、それらの機能の有無が判別しづらいもの・

    秒針音のするもの、キッチンタイマー・大型なものは不可)

眼鏡・ハンカチ、目薬、ティッシュペーパー(袋または箱から中身だけ出したもの)」

 

 

・・・・・

 

黒鉛筆がH・F・HBに限る

 

Fって何?  Bはダメなん??

 

そもそも鉛筆のHBとかって何なのか

①H、B、Fの意味

芯の濃さと硬さを表すものです。

薄くかたいのがH系 数字が増えるとより薄く硬くなる

濃く柔らかいのがB系 数字が増えるとより濃く柔らかくなる

この2つの真ん中がHB

FはFIRMの頭文字で「しっかりした」という意味

HとHBの中間

 

Hはハード Bはブラック

 

②センター試験でBとかがだめな理由

マークシート試験の採点は

機械が読み取りますが


機械は、色に反応するのではなく、鉛筆の芯に含まれる炭素に反応する感じです。

マークひとつひとつに光を当て、その反射の有無を認識 

塗られていない者は反射する。塗られているところに光は吸収され反射はされない

 

この光は赤外線でマークの位置を判断

濃いBや2Bのほうが光を吸収しまくるので本来はいいのです。

 

塗る作業にはいい!!!!

 

しかーし

センターでマークミスとかありますね。

消しゴムで消すわけです。そのときに濃さや硬さが関係があるのです。

濃い芯で書く=消し残りが出る恐れがある

 

人間の目ではなく機械の目で見るわけなので、自分では消したつもりでも・・・・といった

ことも起こります。

アを消してイにマークしても

機械はアの消し残りとイの両方に反応し

その結果不正解とされる場合も・・・・

 

こういうことを防ぐために2Hなどの薄い鉛筆ものぞいて

ちょうどいいこさのH・F・HBという3種類に限定したのです。

 

 

おまけで

<机上に出すのが禁止のもの>

定規、定規式鉛筆、コンパス、電卓、(分度器とか三角定規も)

電卓、そろばん、グラフ用紙

携帯電話スマホ、ウェアラブル端末、電子辞書、ICレコーダーなど電子機器

★アラーム機能の解除も忘れずに

 

英文字や地図の書かれた服は着用不可ですので気を付けましょう。

 

 

 

しかし電動式鉛筆削りやナイフ、キッチンタ今-や大型時計を持ってくる人がいるのだろうか・・・・

電動式持ってきてもコンセントが・・・・

 

いずれにせよ持ち物のチェックはしっかりしましょう!!!

 

 

P1では1月・2月新入会ご相談受付中です。

新中3・新中2・新中1・新高2・新高3 そして小学生の次学年予習受付中です。(新中1の数英先どり授業もOK)

 

 

冬からでも間に合う中3の受験勉強法教えます 

 

P1では無料相談・受験相談も受け付け中です。

志望校の選定も成績表や模試結果などがあれば可能です。

まずはTELどうぞ(03-3698-6641)


お問い合わせはお早めに。

料金表はこちらのページから

詳しくは下記まで お問い合わせください。
無料受験・進路・勉強相談 受付中!
電話でも受け付けております
 「ゆるやか中学受験」「都立入試」「大学受験」に精通した個別指導塾になります


受験のための進路指導、勉強の仕方等にお困りの方は

いつでもご相談ください。

〒133-0065 江戸川区南篠崎町5-9-12-2F

        (篠崎街道のセブンイレブンの上)

         電話 3698-6641


 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

P1での大学受験 A君の体験談パート2

March 13, 2019

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ