冬休み前面談実施中&中3生冬期講習テキスト表紙思案中

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 1か月後はもう冬休みですね。受験生はもう第4コーナーに差し掛かってます。 そんな中P1でも冬休みに向けた保護者との面談を連日行っています。 この面談では、冬休みのことや2学期までの塾での様子を報告したり、 保護者から新たな情報をいただいたり(良い情報も悪い情報も・・・) するわけですが、 うれしいのが塾ではクールな印象でも家で塾のことを話してくれている生徒さんが 意外と多いこと。塾での姿と家での姿が真逆という子も多かったり、 新たな発見は大きいですね。 あとは家での勉強時間やスマホ依存の話がここ最近の面談の主テーマ スマホばっかり、youtubeばっかりというお声をいただくたびに 勉強時間が少ないこととつながるなあと思っています。 中3生でスマホ依存症の子は少し考えていかないと合否に直結する問題です!! youtubeの学習サイトで勉強するならまだしも、何ら関係ない動画を見ているだけというのが問題です。 さらにここ最近の新たなテーマが「勉強の仕方」 how to studyですね。 大学受験もそうなのですが勉強のほとんどが「知識のインプット」=暗記なんですよね。 数学も計算の方法や図形の定義などは暗記 もっと言ってしまうと典型問題を解くときも「型」を覚えないと 試験で即解けませんよね。 都立入試なんていうのは最たる例で、毎年ほぼ形式変わらず、数年周期で出題されているものも多いので、 ある程度知識が入ったら過去問10年分くらいやると、型が入ってきます。 P1では今年も中3受験生用のテキスト作りしていますが、数

公立中生テスト週間突入、高校生も1か月切ってます

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 先週と今週は地元公立中学校の2学期期末試験になります。 中3にとってはもう受験にかかわる最後の内申になってしまいます。 期末試験が終わったところで内申は確定したようなもの。 そこからは入試本番に向けて頑張っていきましょう。 さて中1、中2生はある種、ルーティーンのように 試験をこなすだけ(試験前にすこーし試験勉強する)みたいになってませんか? 9科目試験でつらいのはわかりますが、 将来のことを見据えて内申や試験の点にもっと真剣に考えていきましょう。 中3生はもう終わってしまいますが 中1・中2なら 「〇〇で3をとりたい」「△△で4を狙いたい」という目標に向けて 今後試験前どう動くかですが、 一般に試験の点数が40点くらいから(45点というイメージも)80点くらいが「3」 というイメージに最近なっています。 まずは各科目の目標評定とそこからの必要点数を 意識して、試験の中でとる範囲、捨てる範囲(言い方はイメージ良くないかもしれませんが)を認識してそこの点を取るためにどれくらい何を練習するかを決めましょう。 どれくらいというのは生徒によって違いますが 単純な話、習得するために何回もやるということです。 覚えない限り点が取れません。 中1の生徒はまだ習ったことが少ないので挽回は短期間で可能です。 中2の生徒はどうでしょう・・・・ 中1の分+中2のここまでの分を受験期本格化するまでにどれだけ入れられるかです。 英語は特に積み重ねが大事なので、中1がだめなら中2は乗っかりません。 数学は、やりようによっては応急処置が

自習をする生徒が増えてきました

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 先週あたりから自習に来る生徒が増えてきました。 中学生は試験が近いですからね。 今年のP1は不思議と中3の自習生が少なく 高3と高1が毎日のように自習室に来ています。 中2や最近入会の小学生なども来ていますが、 中3生は例年に比べて少ないです。 早い時間帯から瑞三中の中3生が自習にここ最近は 来て集中して取り組んでいます。 そんななかで今週に入り篠二中・篠中生等が 自習参加。 ところが 自習室利用者が増えると問題も起きてきます。 少し脱線しますが そもそも自習室推奨する理由は 「家で勉強習慣がない生徒への救済策 「周りが勉強していることで、勉強せざるを得なくなる」 などなどです。 家で勉強できないのは ・誘惑が多い ベッド、テレビ、漫画、スマホ、お菓子・・・・ ですね。 それを断ち切って家で集中というのができる子がどれだけいるのでしょうか? やはり外に出て勉強場所確保が大事です。 さて話を戻しますが 自習室利用が増えると問題が起きるといいましたが、 増えてくるのはいいのですが、なかなかスタートしなかったり、 1つは同級生同士が利用することも多いので ①おしゃべりが出る。 ②アメやガムそしてペットボトル飲料水をOKにしていますが それに伴うごみ問題。 ③スマホいじり ①に関してはよくある友達の家で一緒に試験勉強する(勉強会)という生徒がいますね たいてい無理です。同級生が数名集まって勉強集中なんて・・・・ それが自習室で起こる危険性が。 P1自習室では私語厳禁にしていますが目を離したすきに・・・・ ②糖分補給

公立中定期試験1週間前

篠崎駅と瑞江駅のちょうど真ん中にある、 個別指導plus1の小山です! 公立中では来週火曜以降定期試験が始まりますね。 提出物はどうでしょうか? 9教科試験なので、11月入る前から勉強している生徒も 塾生には多くいました。 「提出物を完成させる」が目的になってませんか? 多くの科目が提出物の中からも試験に出ます。 提出物を「こなす」のではなく知識を取り入れたり 点に結び付くようにしつつ終わらせるようにしましょう。 中3生だけではありませんが 9月の中間テストで失敗してしまった生徒は最後のチャンス。 逆に9月にうまく上がった人は、ここで気を緩めず 頑張れば評定もアップできる確率が上がります。 既に10月末から今週にかけて中3生は3者面談が学校で行われていますが、 これは期末試験への気合い入れと現時点での志望校調査が 主な目的だと思いますが、この面談で、気を引き締めてもらい 来週の試験に臨みましょう。 中3生は試験最終日、試験が終わり次第、受験(私立は3科目、都立は5科目) のための勉強を加速させましょう。 都立を目指す人は理社の完成、英単語暗記、漢字暗記が急務。 「冬休みにやればいいや」は危険です。 冬休みなんて2週間ありませんので、そのあたりの時期に余裕を持たせるためにも 各自できることを始めるわけです。 さあまずは期末試験に向けて悔いなく臨みましょう!! 中1・中2生も受験はまだ先と考えず、若い学年から学習習慣をつけることが 今後の勉強にも生きるので、落ち着いてしっかり学習しましょう。 暗記科目は時間がかかるので毎日コツコツ、計算を速くしたり正確にするのも 一度や二度の練習で

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Lawyer & Lawyer.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

ソーシャルメディア:

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon